「メタボリックシンドローム(症候群)」の最低条件としての内臓脂肪

太っていること大して、不安を抱えている方は
「メタボリックシンドローム(症候群)」という症状に関して
心配・危惧している方も多いはずです。

これらは、必ずしもイコールとは言えないものですが
メタボリックシンドロームには、必ず内臓脂肪が関わるものになります。

絶対条件としての内臓脂肪の量

平成以降の「健康ブーム」に伴い、急速に広まっていったこの言葉は
シンドローム(症候群)とつくように、様々な症状がからみあい
様々な症状が、同時に見られる状態を指したものです。

「内臓脂肪を伴う肥満」を「絶対条件」とし

この症状に加え、

  • 高血圧
  • 高血糖
  • 脂質異常症(高脂血症)

以上のどれかが、同時に見られる場合に
「メタボリック症候群」と診断されます。

しかし「内臓脂肪」が、基準値以上ある時点で
以上のどれかの症状が見られることがほとんどであり
「絶対条件」ながらも、「ほぼ決定」という現実もあります。

そして、この「内臓脂肪」によって引き起こされる
最もリスクの高い症状が、「高血圧」であると言えます。

最終的に必ず招かれる「高血圧」状態

高血圧の症状は、単独で発症する人もいますが
ほとんどの場合において「血液に関する何らかのトラブル」を招きます。
それは「高血糖」であったり、過剰な脂質である「脂質異常症(高脂血症」)

そしてそれは、「動脈硬化」がきっかけとなるケースが大半です。

それらは「高血圧と原因が同じもの」であり
どちらが先に出るのか、というのは個人差がありますが
どちらが先にしても、いずれ両方現れる可能性があります。

それぞれの症状に「合併症」と呼ばれるものがありますが
合併症引き起こす症状こそが、連鎖して発生します。

例)高血糖→動脈硬化→高血圧

高血圧による「腎臓の疾患」→「インスリンの分泌による」糖尿病

→動脈硬化→高血圧の悪化→糖尿病の悪化

これらは、必ず「セット」であり「無限ループ」なのです。

必ずしも「見た目」で判断できるものではない

内臓脂肪が「多すぎる」時点で、それは「太っている」ということであり
中高年の肥満は、様々なトラブルを引き起こす「万病の素」です。

「分かってるよ」という方が大半だとは思いますが
基本的には、太っていていいことはありません。

「見た目」への関心は、年をとるにつれて薄れていくかもしれませんが
それよりも更に深刻なのは、「内臓」を中心とした健康トラブルです。

そして、それは「見た目」では判断できない場合もあります。

痩せているにも関わらず、内臓脂肪が多いケースというのは
珍しいことではなく、そういった人は大抵の場合油断しており
発見が遅くなってしまうケースも目立ちます。

まずは「痩せる」ことが大切であり、痩せていく過程で
その他のトラブルを回避・対策していくことにもつながります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする