邪魔な贅肉を減らす方法~痩せるためにできること~

「贅肉(ぜいにく)」に関しては、「ない方がいい脂肪」というイメージがあり
それは主に「美容」という要素を損なうものとして、考えられています。

そもそも「必要のない肉」でもあります。

まさに、ダイエットの目的そのものであり
この贅肉を減らすための方法・ブームというのは
常になくなることがなく、また常に新しいものが編み出されています。

それに伴って、関連アイテム・サプリといったものも
数え切れないほどに存在する世の中ができあがっています。

「見た目」だけにとどまらない影響

<太っているとカッコい悪い>といったことは
一般的な感覚であり、それを解消しするために
様々な努力・実践を繰り返すことになりますが
<太っている>という状態は、美容・ルックスに限らず
「健康」にとっても、非常によくない状態と言えます。

放っておくと「ヤバいこと」になる

過度に太っていることが、体にとってよくないことが
常識的・当たり前のことである、と言えることですが
やや<甘く見ている>人が多いと言えます。

いわゆる「生活習慣病」と呼ばれる
中年以降に顕著な症状は幅広く存在しますが

  • 高血圧
  • 高血糖
  • 脂質異常症(高脂血症)

これら全てに共通することは、その患者の特徴として
太っている人の割合が、非常に多いと言えます。

これは、

  • 以上の症状は、太っている人に出やすい
  • 太っていることが、以上の症状を発症しやすい
  • この両方を考えることができ、実際にはこの両方といえます。

非常に因果関係がはっきりしている「常識」と言える理論になります。

しかしながら、以上の症状のそのどれもが
<増え続けている>ということは、<全然注意していない!>とも言えるのです。

特に「高血圧」や「糖尿病」それらによって招かれることになる
「動脈硬化」の症状は、<国民病>と呼ばれるほどに患者数が多いものです。

そのため、常に警鐘が鳴らされている症状です。

早く痩せよう!

とにかく、痩せましょう。

痩せる過程における、全てといっていいほどのアプローチは
以上で挙げた、多くの「不健康な状態」の改善策でもあります。

とにかく、まずは痩せること。

それも、できるだけ早くに。

それも「中性脂肪」を減らすことを、心掛けましょう。

「脂質」というものは、一定量必要なものであり
全部が全部<悪者>ということではありません。

<余計な・過剰な中性脂肪>こそが、健康を脅かすものであり
同時に、<見た目>を損なわせているものでもあります。

痩せて・健康になる

誰もが求め続け、絶対的にメリットの多いことは
努力次第で、誰にでも実現できるものなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする