中性脂肪を減らすための方法~基礎編~

中性脂肪を減らす・落とすための方法というのは
言うまでもなく、「ダイエット」と同じ理論になります。

体脂肪を減らすことと、体重を減らすことは
必ずしも同じことではありませんが
<太っている>という自覚がある人にとっては
体重を減らすことを目的として、体脂肪を落とす意味はあるはずです。

そして、ダイエットの基礎中の基礎として

  • 食事制限
  • 運動

この2つは、必ず必要な<永遠の鉄則>と言える要素になります。

そして、それぞれ2つの角度から見える
<減量に対する意味>に関して、知っておきましょう。

「いらない脂肪」を燃やすために必要なこと

まず、体に取り入れる食事の量を制限するということは
それ自体が、体重の増加の予防につながることになります。

次に、運動する・体を動かすということは
「エネルギーを消費する」という行為の最たるものであり
激しければ激しいほど、長ければ長いほどに、その消費量は多くなります。

これらは、非常に常識的なことになりますが
「余計な脂肪」を落とすためには
「ちょうどいいエネルギー」よりも、少ない量を摂取し
更に運動を「空腹時」に行うことが必要なのです。

「燃やすもの」がないタイミングで行う

人間が活動するためには、食事によるエネルギーの摂取が必要であり
基本的には、少し前に摂取したエネルギーを<その時>に使用しています。

<朝食の大切さ>といったものは、午前中の「昼食前」に
必要なエネルギーの摂取が、行動効率に影響するためです。

しかしながら、余分に摂取してしまった栄養素
利用されなかった栄養素というのは、「脂質」に限らず
「糖質」「タンパク質」といった、あらゆる成分が
最終的には、「中性脂肪」として体内に蓄えられます。

そのため、「余分なエネルギーを摂らない」ということは
最低限の原則であり、更に痩せるためには
「エネルギー」が不足する事態を発生させ
<蓄えられていた余計な脂質>を燃焼させることが重要なのです。

極論を言えば、

「何も食べずに運動する」

ということで、必ず痩せることができます。

これは、

  • エネルギーとなるものを摂取しない
  • エネルギーを燃やす

この2つの効果によって、蓄積されていた中性脂肪を
引き出すことができるという、最大のメリットにつながるためです。

必ず体調に注意しながら行う

ただし、特に女性に言えることになりますが
減量というのは、たとえ太っている人であっても
危険が伴う、体へのダメージの多きなものです。

必ず体調を見極めながら、<少しずつ>進めることが大切になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする