「トランス脂肪酸」を多く含む食品と”なぜ体に悪いのか”について

人々の生活が豊かになったこと、更に「健康ブーム」の背景もあり
「(食品)油」に関する、知識・こだわりを持つ方が増えてきています。

その中でも「悪い脂肪」の代名詞として有名な「トランス脂肪酸」ですが
それ自体が、一体どんな脂肪で・なぜ体に悪いのかと
詳しく知っているという人は、少ないのではないでしょうか?

「トランス」という言葉には、「狂った」という意味もあり
米国ではトランス脂肪酸の配合に対して、「厳しく規制」されています。

「よくない」ことは確かであり、「それほど規制されていない」
日本で暮らすうえでは、決して他人事ではありません。

極めて人工的な油

「トランス脂肪酸」と聞くと、「マーガリン」をイメージする人が多いと思いますが
マーガリンとは、もともと「バター」の代替品であり
「同じような味」を出すために、様々な手が加えられています。

そしてこのマーガリンに加え、「ラード」の代替品である「ショートニング」といった
典型的なトランス脂肪酸を含む食品は、「人工的に作られた油」を含んでいると言えます。

天然に存在するトランス脂肪酸は、
動物の脂肪に含まれているものであり、危険とまでは言えません。

あくまで、「人工的なトランス脂肪酸」がリスクなのです。

「バター」等に含まれている、人工的なトランス脂肪酸は
植物性油を固めるために、「水素」を合成しているものを指します。

本来の「バター」の原料は「生乳」であり、
化学的な手を加えずに、固めることには問題ありません。

またトランス脂肪酸には、「おいしく感じる」という特徴があり
「マーガリン」においては「バターっぽい」風味・触感を表現するため
ショートニングにおいては、ラードを使ったような「サクサク」の触感を作るため
「本当はできないこと」を、ごまかすために作られたものであるのです。

「トランス脂肪酸」の摂取による悪影響

トランス脂肪酸の摂取による、基礎的なデメリットとしては

「悪玉コレステロール(LDL)が増えてしまう(作りやすい)」

「善玉コレステロールが減ってしまう」ということに尽きます。

これによって太るだけでなく、最大の健康リスクである「動脈硬化」を招くことになります。

こういった「食材問題」の根本として

最終的に動脈硬化につながりやすいか否か

という例が非常に多いです。

典型的な「食生活の欧米化」

米国を中心とした、諸外国で奇声されている一方で
日本においては、「メーカーの自主規制」に留まっています。

その理由としては、

「日本人・和食はそれほど<油>を使わないから」

ということですが、近年は十分に「食の欧米化」が進んでいます。

たとえ、「そんなにマーガリンは食べない」という人であっても

  • 菓子類
  • 菓子パン
  • ジャンクフード

これらには、トランス脂肪酸自体が使われていたり
トランス脂肪酸がそもそも使われている、マーガリンを配合していることも多いです。

  • 植物油脂
  • 加工油脂

といった表記をなされていることが多いです。

「安価」で「美味しく」作れるためです。

この味は確かに「癖」になり、求めている人も多ことは事実です。

様々なメーカーで、トランス脂肪酸の含有量を減らしていく姿勢が見られますが
それでも「禁止」ではないため、自分で注意する必要があります。

チャットレディのお給料はいくらくらいなの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする