太っている人は体が酸化しやすいため「体臭」にも注意が必要

ある程度年をとった後は、太りやすい・痩せにくいことに加えて
<臭くなりやすい>という、悲しい事情が付随します。

そして究極の加齢臭対策とは、体の<酸化>を防ぐことです。

そして太っている人というのは、もれなく体臭も強い傾向があります。

それは、体が酸化しやすいことが理由です。

体の酸化とは、加齢そのものであり・・・

太っている人というのは、老けやすく、臭くなりやすいのです。

なるべく加齢の影響を抑えるための取り組みとして
世間では「アンチエイジング」というものが流行っていますが
その内容は体の酸化を防ぐことを目的としています。

酸化が招く体臭

酸化という言葉は、それ自体が臭そうなイメージがありますが
「食材」や「鉄」に関しても、鮮度が悪くなることを
<酸化する>という表現をし、実際に臭くなっているはずです。

それと同じことが体内で起きてきます。

「体臭の姿」は目に見えませんが、実際には体中の毛穴からの臭いや
毛穴から分泌される、「汗」と「皮脂」が持っている臭いになります。

そもそも、加齢臭(オヤジ臭)の臭いの原因となるのは
「ノネナール」という物質が増え、内の脂質を酸化させるためです。

体の酸化を促進させる要因は、体内で発生する「活性酸素」です。

この活性酸素を出来るだけ発生させないことが
体の酸化を防ぎ、体臭を抑えることにつながります。

食生活の改善

やはり、最も重要な要素は「食生活」になります。

太っている人は、まず最優先させるべき内容です。

体臭を強める食事というのは、活性酸素を発生させやすい食事と重なる部分も多く
<肉食を減らす>ことを中心に、早急に食生活を改める必要があります。

生活習慣の改善

臭いの原因が、体内の脂質の酸化ということであれば
体内の脂質の「絶対値」を減らすことによって、酸化のリスク量を減らすことができます。

最も単純な方法であり、中年の体にもメリットが大きい解決策になります。

また「当たり前」のことではありますが、

  • アルコール
  • タバコ

の2大要素は、体臭にもマイナスであり酸化を促進することが言うまでもありません。

早めに辞めるか、減らす努力をしましょう。

ストレスを避ける

最後に、ストレスは「アンモニア臭(疲労臭)」を発生させる要因になります。

また基本的に、体の酸化を加速させる要因でもあります。

ストレスを感じることによって、ある種のホルモンが発生し
そのホルモンは、活性酸素を伴うためです。

ストレスは、体調を崩す原因にもなりますが
体臭を悪化させる原因にもなることを覚えておきましょう。

>>アトケアプロの評判

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする