動脈硬化対策におススメのサプリ「きなり」の成分内容・効果とは

肥満・脂肪といった話題には、「動脈硬化」という言葉が必ず出てくるものであり
それは年をとるほどに、頻繁に耳にする言葉であると言えます。

動脈硬化とは、命に関わる症状を引き起こす可能性のある非常に危険な状態であり
早急に対策をとる必要がありますが、症状の改善に不可欠な要素が血管と血液になります。

この血液関連の状態と改善するアイテムは、昨今大きなブームとなっており
様々なアイテムが存在しますが、その中でも特におすすめの「きなり」を紹介します。

コスパの高いアイテム非常に

数ある「血圧」や「血液の質」にアプローチするサプリの中でも
最も利用者が多く、リピート率が高いアイテムが「きなり」です。



「きなり」の特徴を一言で表すと、「全部入っている」ということになりますが
「ただ入っている」だけでなく、高濃度・高吸収率にこだわり
利用者への、効果・実感をのための配合となっています。

>>「きなり」の公式ホームページはコチラ

「きなり」の内容

「きなり」のベースは「DHA」「EPA」という
高血圧や動脈硬化の改善に関心がある方であれば
お馴染みの「血液サラサラ」サポート成分です。

これらは、青魚を中心に含まれている成分ですが
現在の日本の食卓は、どちらかというと「肉食」の傾向があり
「日常の食事」からでは、不足しがちな成分です。

これらの成分を含むことは、高血圧・動脈硬化の改善に
働きかけるアイテムとしては「当たり前」のこととなっていますが
「きなり」が特にこだわっていることが、その「吸収率」です。

届けて効かせる

一般的に広まっている「サプリ」の課題として

「いかに有効成分を壊さず、体に染み渡らせるか」

というものがあり、いくら有効成分を大量に含んでいるとしても
「吸収」されなければ、意味がないものになってしまいます。

「きなり」は、いかに「酸化」させずに吸収させるか、ということを考え開発されました。

そして、たどり着いたのが「オキアミ」という
海老に似た甲殻類が含む「アスタキサンチン」という「油」です。

アスタキサンチンは、油脂であるにも関わらず
水によく溶けるため「吸収率」を損なうことなく
「酸化していない」有効成分を届けることを可能にしました。

これが、きなりが評価を受けている「効果」につながる
最も大きなポイントになっていることは間違いありません。

「ナットウキナーゼ」もプラス

納豆に含まれる、酵素である「納豆キナーゼ」
動脈硬化によって発生し「脳卒中」や「心筋梗塞」のリスクとなる「血栓」を排除し
更に血液をサラサラにする効果があるとして、昨今注目を浴びています。

「きなり」は、このナットウキナーゼも
十分な量を配合しており、ほぼ全てのリスクをカバーしています。

豪華な配合の割に、コストパフォーマンスも高い「きなり」は
配合成分、それらの質共に一般的なDHA・EPAサプリとは一線を画します。

他のサプリを利用していた方でも、「きなり」に変え
リピートを続けているという人も非常に多いようです。

そして、何より配合内容を考えた際
非常にコストパフォーマンスが高いことが言えます。

これだけの成分を全て摂取しようとすると
本来であれば、様々なアイテムを購入する必要があり費用もかさみますが
「きなり」であれば、それだけで全て摂取できることもおススメの理由です。

>>「きなり」の公式ホームページはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする