「女性特有の太り方」から効率的なダイエット法を見つけるためのコツ~本気で痩せたい女性に必要なこととは~

女性であれば、多くの方が通る道であり
年をとればとるほど、より似てくることは当然のことと言えます。

改めて言うまでもなく、母親と父親から受け継いだ遺伝子は
その2人の体質・体型、あらゆる「傾向」を子供に再現するするものです。

それは結果的に「病気の傾向」「容姿の傾向」につながってきます。

容姿に関するもので言えば、女性は特に「出産」というきっけかや
「中年以降」に顕著に表れるものであり、これ自体は逆らえないものでもあります。

そして、最もはっきりするタイミングが
「中年太り」が気になり始めた時期であると言えます。

そもそも、<実際に見たことがある母親の容姿>というのは
必然的に「産後の母親」であり、30代以降の方であれば
正に自分が今、<幼い頃の母親とそっくり>になっていることもあるはずです。

そしてその時、母親は<幼い頃に見たおばあさんにそっくり>になっていることでしょう。

女性には特別な傾向がある

幼い頃は<父親似>だった女性も、年をとるにつれて
母親に似ている部分が、多くなってくる傾向があります。

それは「女性ホルモン」の分泌が活発になってくる
思春期の頃から見られるものであり、特に大きなホルモンの変動が起きる
妊娠・出産を経験した頃からであることも多いようです。

また、50歳前後に症状が見られる「更年期障害」
母親に現れた症状に、近いものが自分にも現れると言われています。

考えようによっては、「予防」「対策」がしやすいと考えられ
実際に、母親が使っていた「漢方」が、自分にも効果があったという例も多いです。

そしてそれは、「スキンケア」「ボディケア」にも言えることであり
母親に効果的だったアプローチは、自分にも効果的であることも多いのです。

これはもちろん、「減量法」にも言えることであり
「同じダイエット法が有効に働くはず」とも考えることができます。

「ダイエット方法」の幅が広い

「体重の増減」の仕組みとは、「摂取エネルギー」「消費エネルギー」で決まるものであり

  • 摂取エネルギー>消費エネルギーで太る
  • 摂取エネルギー<消費エネルギーで痩せる

この2通りが基本になりますが、それに加えて

  • 太りやすい
  • 太りにくい
  • 痩せやすい
  • 痩せにくい

<体重に関わる傾向>には、個人差というものがあります。

もちろん、「太り方」も人それぞれであり

  • 太りやすいけど、すぐに痩せる
  • 太りにくいけど、痩せるもの大変
  • 何を食べても太らない
  • すぐに太る

以上の「代謝」が影響していると考えられる要素が加わることになります。

そして、この代謝に関わる傾向に関しても
遺伝の影響が大きく、その傾向をつかむことで
より効果的なダイエットを実践することができるはずです。

早く痩せたい女性こそ適切な痩せ方が必要

「体質」とも考えられる、自分の体重の変化の傾向を掴むことで
正しいダイエット法を、実践することが効率的に痩せるための近道と言えます。

これは<早く痩せたい!>と思っている女性も同じことであり
そういった女性こそ、適切なダイエット法を実践する必要があります。

「お母さんが実践して効果のあったダイエット法」を教えてもらうことが
最も効率的な痩せ方であり、近道です。

特に女性は「結婚式前」等には、急なダイエットを始める傾向があり
それはお母さんも同じだったはずです。

ぜひ、自分に合ったダイエット法を伝授してもらいましょう。

>>結婚式場仲介サービス「ハナユメ-hanayume-」の評判

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする